Hida Satoyama Cycling blog

拠点とする飛騨古川を中心に飛騨地方の話題を交えてその日その日を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯気

fuyu

先日、目が覚めると隣に置いてある温度計は4℃を指していました。
この調子で行けば、アウトドアをしに外へ出なくとも、部屋の中で十分冬を満喫できそうです。

私はもともと寒さに鈍いのか、過去に-25℃の荒野でテント8泊を経験したことがありました。
さすがにそのときは死ぬかと思いましたが、特にその後問題もなく過ごしています。
日本の政治の行き先以上に、自分の感覚器官に不安を覚え始めました白石です。
来たれ、冬。


飛騨も雪がハラハラと舞い、朝もやの中から晴れ間が差してくると、心が洗われるような気分になります。
前日深夜まで、ALTをしているアメリカ人と飲んでいたため、この写真を撮ったときは全くもって景色の美しさには感動していなかったのですが、今見ると綺麗ですね。
写真の遠くに見える湯気は何だろうか・・薪ストーブか何かでしょうか。
このあと、お昼くらいに同じ場所へ行ったのですが、山の木々に積もった雪が溶けて地面に落ち、山全体がクリスタルのように光っていました。

せて、先述のALTの先生、実は某忘年会にお呼ばれしたときに知り合ったのですが、偶然にも私がアリゾナに住んでいた時期に彼も同じ町に住んでいたということが分かり、一気に仲良くなりました。
住んでいたのは本当に小さな町だったので、どこかですれ違ったり、パブで乾杯していたかもしれません。
そんな彼と数年を経て、小さな焼肉屋さんで会えたのは何かの縁としか思えません。


今年、飛騨で皆さんとお会いできたのも、何かのご縁があったからだと思います。
せっかく繋がったご縁を大切に、飛騨里山サイクリングはまだまだ進化していきます。
冬の間もご要望がありましたら、天気と相談しながらツアーを行う予定ですので、いつでもお気軽にご相談くださいね。
http://www.satoyama-cycling.com/

-40℃対応のブーツを購入後、使いどころが分からず困惑中の白石
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hsc811.blog52.fc2.com/tb.php/116-16600166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。