Hida Satoyama Cycling blog

拠点とする飛騨古川を中心に飛騨地方の話題を交えてその日その日を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンダメ(寒だめし)

 天候に大きな影響を受ける農業を主体としてきた山之村の家々では、カンダメという方法で、田植えに適した時期はいつかだとか、今年の夏は雨が降るか降らないかといったことを占ってきました。
 家々によっていろいろなやり方があったようですが、節分の豆を12個囲炉裏で焼いてその焦げた色で一年の天候を占う方法(黒なら天候が悪く白なら良い天気になる)や、寒の内(カンノウチ:暦の上で一番寒い時期で1/5頃から2/3頃)の天気を記録しておいてそれで占う方法があったようです。
 家から囲炉裏が姿を消し、天気予報がある現在、このような行事を行う家はほぼ消滅しました。しかし、今でもカンダメをしているおばあちゃんが森茂集落にいます。古いものはもう捨ててしまったそうですが、平成18年から今年までの記録を手元に保存しています。寒の内の期間を2.5日で割ると12になり、これを一年の12カ月に見立て、例えば寒の内の最初の2.5日の天気が良ければ1月の天気も良くなるといった形で占うようです。
 このおばあちゃんは山菜をよく採りに行くため、山菜採りの時期の天気を占うためにカンダメをしています。4~5年前まではよく当たったそうですが、最近は外れることも多くなってきたことを嘆いておられました。



kanndame.jpg
スポンサーサイト

コメント

天気予報の重要性、よくわかります。

こんにちは。

昨夜の地震は大丈夫でしたか?
能登でも震度2くらいの揺れがありましたよ。

さてさて、農家にとっての天気予報ってとても重要なんですよね。
我が家も農家なので毎朝天気予報はかかさず見て、おじいちゃんとおばあちゃんで農作業の段取りを打ち合わせしてますよ。

ときには、天候う占いのような話もしてたりと・・・

節分の豆での天気占いはユニークですてきですね(笑)

昔の人たちの生きる知恵にはほんんと感心しちゃいますよね。

  • 2011/02/27(日) 14:25:12 |
  • URL |
  • 和倉店kozurin #pybA77i.
  • [ 編集 ]

>和倉店kozurin 様

地震は揺れこっち結構すごかったです。
今日も夜中ちょっと揺れましたよ。

カンダメでは、地震の予知できないかおばあちゃんに聞いてみます。

  • 2011/02/28(月) 09:14:28 |
  • URL |
  • Churaboshi-Satoshi #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hsc811.blog52.fc2.com/tb.php/160-747c279b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。