Hida Satoyama Cycling blog

拠点とする飛騨古川を中心に飛騨地方の話題を交えてその日その日を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪華絢爛 高山祭

初めて飛騨を訪れたのは去年の今頃。
その時には7年に一度の諏訪大社の御柱祭が行われたときで、そちらに予定を合わせたので高山祭を見ることはかないませんでした。しかし、1年を経て今年は高山祭へ。

昼間は仕事もあったので、初日は夜祭りに行ってきました。
震災のため、観光客はいつもよりも少なめだとか。そのおかげもあり、人ごみで動けないということもなく、屋台の姿を見ることができました。
高山祭 夜祭1

提灯をゆらりゆらり揺らしながらゆっくり動く大きな屋台は、きらびやかな装飾もあって、見事なものです。それら全部で12台の屋台が市中を回り、それぞれの屋台蔵へと戻って行きました。ところによっては、道の幅が狭く、ぎりぎりの場所もあるとか。それを高山に住む友人は、「大きな屋台を動かして通過するのは見ごたえがあるよ」と言っていました。
高山祭 夜祭2

翌日15日は、仕事を抜け出して、からくり奉納を見学へ。
行くのが遅かったため、正面から見ることはできませんでしたが、ひとつは側面より間近で見ることができました。音に合わせて操作される人形は、ややぎこちないところがあっても、細かな手足や頭の動きは精巧なもの。その動きに観衆は、じっと眺め、終わると盛大な拍手が送られました。
高山祭 屋台

曳き揃えられた屋台を一つずつ見ていくと、それぞれの木の彫刻や刺繍は芸術品。それだけで見る価値があるものです。それが、それぞれによって違ってくるのを見るのもまた楽しみの一つだと思いました。
高山祭 屋台の彫刻
高山祭 屋台の見送り幕

次の高山祭りは、今年の秋、八幡祭が行われる時です。このときには、屋台13台が出てきます。
そして、今年はそれだけでなく、ゴールデンウィーク(5月3日から5日)では桜山八幡宮の30年に1度行われる大祭があります。飛騨地域の神々が、行列を作って八幡宮に集います。これを逃すと次は30年後。ぜひ多くの方に訪れていただきたいものです。

Hisa

明日、飛騨市古川町ではまつり会館にある屋台の入れ替えが行われる予定です。今年は古川祭で屋台行列がないので見ることができませんので、この機会に見に来てください。

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hsc811.blog52.fc2.com/tb.php/187-cd52a9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。