Hida Satoyama Cycling blog

拠点とする飛騨古川を中心に飛騨地方の話題を交えてその日その日を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家カフェと窯

昨日に引き続き、今日も古民家の話。

飛騨市神岡町に古民家を移築して作ったカフェがあります。

場所は、今は廃線となった神岡鉄道の終着駅「奥飛騨温泉口駅」の裏手。
ここにずっしりとした古民家が1軒、ぽつんと立っています。

やまの庵
こちらが、古民家カフェ「やまの庵」。

やまの庵 入口

玄関を入ると、靴を脱いで上がります。
そして、カフェスペースは、畳がひいてあり、囲炉裏もある、民家の座敷。どこかだれかの家にお邪魔してあるような気になります。ときどき人が来ていないときには、それこそごろりと横になってしまいたくなるほど。とってもくつろげるところです。

ここのおススメの食事は、じっくりと煮込んで作った飛騨牛のすじ肉カレー。サラダやコーヒーとセットで1000円です。

その食事に使われている食器は、同じ建物内で玄関を挟んで反対にある東雲窯(あずもがま)で作られています。

こちらのご主人で、陶芸家の渡部徹さんは滋賀の出身で、こちらに移り住んできた方。
2004年からこちらで始めており、青磁器・白磁器を作っています。特に興味深いのが、神岡町山之村で採れる廃土を使った神岡青磁。廃土とは、採石場で岩を洗って出てくる粉が沈殿してもの。これが普段使われることはないのですが、渡部徹さんはこれを手間暇かけて磁器をつくる土として利用を始めました。

そして、出来上がったのが、こちらの青磁器。

神岡青磁
機会があれば、一度訪れてみてください。

お隣の旧神岡鉄道では、レ-ルマウンテンバイクGattan Goが現在おこなわれています。こちらも要注目です。

Hisa
にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hsc811.blog52.fc2.com/tb.php/201-103daa30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。