Hida Satoyama Cycling blog

拠点とする飛騨古川を中心に飛騨地方の話題を交えてその日その日を書き綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春です。

先日、サイクリングの途中、道端ではこんな植物を見つけました。

フキノトウ
フキノトウ

つくし
つくし

春らしさを感じさせてくれると思いませんか。

桜も先週末から咲き始めました。

これから見ごろを迎えると思いますので、ぜひ飛騨にお越しください。
桜の並木道をサイクリングでご案内します。>>>お申し込みはこちら

Hisa

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村

冬、再来!!!

今日は、東京からおよそ300kmを運転して帰ってきました。

東京を出たときには、素晴らしい青空が広がり、暖かく、春のようでした。スーツを着ていても、コートなどは必要なく、歩き回ることができました。しかし、周りを見るとそんな人はごく少数。多くの人は上着をきて、まだ冬のような格好です。きっと飛騨に住んで寒さに対する感覚が少し変わったのかもしれません。

中央道を北アルプスに向かって走っていくと、徐々に雲の姿があらわになりました。その様子はすごくわかりやすく、まさに山が雲をせき止めているといった感じです。山が雲の侵入を止めているからこそ、こちら側(太平洋側)は天気がいいのだな、と思いました。しかし、目指す方向は、その向こう。

山道に入れば、雲に覆われ、気温も幾分下がったようになります。

そして、山を越えて飛騨に戻ると、雪。

かなりの勢いで降っていました。

地面には雪一つすらなかったのに、2時間もしないうちにこんなに積もりました。

雪が降る景色2


再び、飛騨には冬が訪れたようです。
スキーがまだまだ楽しめそうです。

Hisa

やまなし

節分を過ぎ、寒さもほんの少しだけ緩み始めていますね。夕方5時には真っ暗だった飛騨でも、徐々に日も長くなってきています。晴れた日の昼下がりには、陽の光で、外はオフィスの中よりもかえって暖かかったりします。

現在、昨年度飛騨市全域について行なった古い民家の実態調査を、今年は高山市国府町にて行わせていただいています。何もこんなに寒い時期に外を回らなくてもとたまに言われますが、外へ出るたびに季節の僅かな変化を感じることができます。

さて、季節は遡り、昨年11月の末。私の地元神岡にもやまなしのなる木があるという話を聞き、その場所を訪ねました。

実は民家調査の中で伺ったあるお宅の玄関の上り框や床板に、ナシ材が使われていたのです。
「家の山の奥から梨の木を切ってきて、それを使ったんやな。昔のナシ。実のなる木はいい材になるで」
そういうお話でした。

飛騨の民家の土台の材はほとんどクリであるという話は聞いており、他にも初めて聞くような名前の木がいくつも教えていただいていましたが、ナシというのは初めてで、ナシなんて材になるの?? そんな大きな木になるの?? と、ずっと気になっていたのです。ナシといえば、あのおなじみのナシばかり想像していたので。
続きを読む

つらら

turara

通勤途中にとてつもなく大きなつららがあります。
長さおおよそ2メートル。

そのつららの真下で写真を撮ろうと思ったのですが、いつ落ちてくるか怖くて
やめました。

今日はいいお天気で、事務所の屋根からバッシャーンという音とともに
雪とつららが落ちてきます。

春がすこーし近くなったでしょうか。

こんな晴天

晴天

全国ニュースでは、日本海側を中心に大荒れのお天気。
ここ飛騨でも、見渡す限り雪、雪、雪、雪。

車に乗っていても、電車のなかでも、雪が反射してまぶしいくらいです。
今朝、すこーしの時間、こんなお天気が一瞬ありました。

スキー場に行きたい!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。